FXでの資産運用で気にすべきこと

 FXは投資取引であり、多くの方が資産を運用し増やすことを目的として取引きを行っていると思います。
資産運用を考える以上は、その投資する資金の使い方にも充分な気を払い、計画的に行っていく事が必要になります。

FXでは、取引業者に証拠金を預け、これを担保にすることで、実際の投資資金よりも大きな通貨量を扱えるレバレッジという仕組みがあります。
これは、為替相場の少ないレート変動に対して、資金を倍加させることによりしっかりとした利益が求められるようにしたものですが、このレバレッジは利益を大きくすると同時にその損失も大きくしていくために、その使い方と、資金をどうやって使っていくのかという事がカギになります。

例えば、1ドル100円の為替相場があり、1万ドル分の通貨を買って取引きをしたいと考えた場合、レバレッジがなければ100万円が必要になり、これではなかなか取引きを行う事ができません。
ここにレバレッジを使う事で小さな金額でも1万ドルを換えることができるようになり、国内最大倍数の25倍のレバレッジを使えば、わずか4万円で1万ドル分の取引きが行えるようになるのです。

これにより、少なき資金でもFXは利益を出すことができるのですが、このレバレッジは損失も大きくするため、例えばこの1ドル100円の為替相場が98円になってしまった場合、2万円の損失が生まれることになり、4万円だった資金は一回の取引きで半分の2万円になってしまうのです。

このように、レバレッジを使うとその損失額も大きくなります。
もし、4万円しか投資資金が無かったとしたら、残りの2万をつかって何とか倍の利益を積み上げて、ようやくこの損失がなかったことになります。

こうした損失の苦労が頭の中にちらついてしまえば、投資を行うこと自体に大きな心理的負担がかかりますし、例えば朝の段階でこの取引きを仕掛けて、夜に決済をしようと考えていても、その間に頻繁に相場チェックをしたくなってしまい、一日中相場の事に頭を取られてしまいます。

これとは逆に、先ほどの取引きを100万円の投資でレバレッジを使わないで行っていれば、2万円の損失になっても98万円の資金が残るために、これを使って2万円を取り戻すことはそれほど難しくはないため、心理的な圧力はほとんど感じずに済みます。

もちろん、投資は実際のお金を使った取引きですので、ある程度の心理的な圧は緊張感を維持させるために必要ではあるのですが、そればかりになってしまうのは辛いものがありますし、また、副業としてFX取引を行っているのであれば、なおのこと、本業や日常の生活に支障をきたすような、ムリな資金投資での取引きは避けるべきなのです。